小学生の間は、活動重視(勉強をしたか?宿題をしたか?・・・など)の指導が中心となっています。ところが、中学生・高校生になると、結果を求められるようになり、そのギャップに苦しむお子さまが多いようです。
SCRUMでは、小学生の間に『結果につながる学習姿勢・学習法や学習基準』を身に着けさせたいと考えています。

小学生の保護者のみなさまへ

こんなお悩みや心配や期待が、SCRUM小学部にお問い合わせくださった保護者の方のお考えでした。

そのお悩み、SCRUMにお任せください!

2020年度から小学校の教科書は、英語を中心に大きく改訂されました。また、2021年度からは、中学校の教科書改訂も実施され、大幅に学校での学習に負荷がかかってきます。SCRUMでは、算数は学年別で、英語は無学年で指導してまいりましたが、どちらにいたしましても個人の習熟差が非常に大きく、また、中学校の定期考査や高校入試などのような共通の目標もないため、どうしても目標や意識において個人差が生まれやすい状態でした。

 しかし、今回の教科書改訂は、小学校での学習への影響にとどまらず、中学校や高等学校での学習にも大きな影響を及ぼします。そして、それは、高校入試や大学入試にも影響しますので、少し大げさな表現になりますが、『時代のニーズ・人材のニーズが、大きく変わる。』といっても過言ではありません。

 そこで、SCRUMでは、まだ、比較的時間のかけやすい小学生の指導において、現在の配当学年の指導に留まることなく、各生徒にとって有効な+αを指導の中に盛り込むために、下記のような指導体制へ移行いたします。

 他塾には無い、オリジナル性の高いものですので、ご不明な点がございましたら、遠慮なくお問合せいただき、また、少し興味がある方につきましては、直接、お話しさせていただきます。

■ 小学4年生のポイント

①しっかりとした学習態度を身に付ける。
短い時間でも、姿勢正しく、私語もなく、集中して勉強できるように指導していきます。
大人から見ればアタリマエのことをアタリマエにできるように。

②しっかりとした学習習慣を身に付ける。
丁寧に文字・数字を書き学習する習慣が、これからの勉強の成果を大きく左右します。

③わかるまで、覚えるまで。
わかるまで、覚えるまで反復演習を繰り返すことが重要です。そのためにも、分かるまで根気つよく勉強すること。
そして、練習したことを覚えているかの確かめを実践していきます。

■ 小学5年生のポイント

①中学校での学習内容の習熟を大きく左右する学年だからこそ
5年生から6年生で学習する内容は、中学校で学習する内容との関係が深いです。
この2年間の学習内容に不備があると、中学校での学習効率に大きな障害をもたらします。

②学校の授業を最大限にいかすために
学校授業での理解を深めるためには、塾の授業を利用して予習しておくことが重要になります。
すでに学習していますので、発表もしっかりできるため習熟が深まります。

③目的意識をもって勉強に取り組ませる
模擬試験や検定試験(漢字検定)などを利用し、成果を意識した勉強に取り組み始めます。
勉強を「ただすればいい」から、「成果をあげるため」を考えさせ、授業だけではなくしっかりとした対策勉強に取り組みはじめます。

■ 小学6年生のポイント

①上記6つの総点検(中学への準備)
いよいよ小学校の最終学年です。学習態度・学習習慣・習熟などを中学校にあがっても通用するように、点検・整備していきます。
また、検定試験(漢字検定)や英語授業においては、中学1年生の学習範囲に挑戦し、一歩先を意識させることにより、中学校生活でのアドバンテージを積極的にとっていきます。

■ 2021年度小学部時間割と講座[2曜日から選択できます]

★個人スキルアップコース


◆小学校の講座紹介

小学生の間に、しっかりとした学習力をつけさせたい!

■ 授業料体系

■入塾金
11,000円(現在塾生および過去塾生のご兄弟、お子さまは、不要です)

曜日限定コース(月曜から金曜で、原則2曜日以上でお願いいたします。)

※2曜日・・・12,100円(教材費込)
※3曜日以上・・・17,600円(教材費込)

■模擬試験代
6,600円(年3回実施分)

■速読受講費
500円(月額)
原則、全員受講とさせていただきます。

小学生のときから、しっかり勉強していただきたいので。
 小学生特別割引制度  

★ご兄弟同時在籍割引
(中学部・高校部にご兄弟が在籍されている方も含みます)
※2講座以上受講の場合、授業料月額総額からご兄弟それぞれ1,100円減額させていただきます。

※表示価格はすべて税込表示となっております。